閉じる

2016/11/22

ペットと楽しく暮らすためのご近所トラブル回避法

ストレスなく暮らすために先回りの気遣いを

可愛い猫や犬は飼い主にとっては大切な家族。
気持ちよく毎日を過ごすためには、ご近所からクレームが来ないようにするのも重要な仕事ですね。
世の中には動物好きな人ばかりがいるわけではないので、
家族であるペットを守るために細やかな配慮をお忘れなく!

ルール1:クレームが少なそうな引っ越し先を選ぶ

ペットを飼っている家庭が引っ越しをするには、事前調査がキモになります。

・1階や、下の階が駐車場・ゴミ捨て場・集会場などのプライバシー性が高い物件を選ぶ
・内見のときに壁の薄さや音の響き方をチェックする
・ご近所の玄関周りやベランダ付近の共用スペースをチェックしてどんな方か見当をつけておく

隣近所に子どもがいそうであったり、同じようにペットを飼っているおうちであれば、「お互いさまだから…」と多少は目をつぶってくれやすいです。

ルール2:引っ越しのときにご近所にペットを飼っていることを知らせる

ペット禁止の住宅でなければ、こちらから犬や猫がいることを伝えておきましょう。
その時の反応で、どのおうちの方が動物好きで、どのおうちの方がそうでないかもなんとなくわかると思います。
「ご迷惑なことがありましたら、大家さんに言ってくださいね」
「できる限りご迷惑おかけしないようにしますので、お気づきのことがありましたら知らせてくださいね」
と伝えておくのがよいですね。

ルール3:騒音対策は先回りで

マンションなどで犬を飼っていると、下の階に足音などが響きやすいものです。
クレームを受けてからよりも、先回りして対策しておくほうが気持ちがいいですね。
フローリングの床の上に防音性の高いカーペットを敷くと足音が響きにくくなります。
また、ドアの隙間にスキマテープを貼ると音漏れが少なく。
防音・遮音性の高いカーテンも売られているので、利用するとより安心ですね。
愛犬の無駄吠え防止にはしつけ教室も効果的です。

ルール4:抜け毛対策もぬかりなく

ペットのブラッシング、ベランダでしていると風に乗ってお隣の敷地まで飛んでいってしまうことも。
動物嫌いであったりアレルギーがあったりする方は困ってしまって悪印象なので、ブラッシングは室内でしましょう。
布団を干すときも一度掃除機やクリーナー、コロコロで毛を取ってから干すとベターです。

ルール5:「感じのいい人」だと思われよう

同じ迷惑をかけられても、普段から無愛想で感じの悪い人より「感じのいい人」相手だとクレームまで至らないことも多いですよね。

ご近所の人と顔を合わせたら気持ちのいい挨拶をする。ゴミ捨てや回覧板などのルールをきちんと守る。
これらが出来ていないと「マナーの悪い人」と思われ、小さなことでもトラブルに発展してしまいます。
また一歩進んだ対策としては、マンションの草むしりや地域のイベントににこやかに参加するのも◎。
時おり「うちの猫(犬)が何かご迷惑おかけしていませんか?」と声をかけるのも大切です。

広々とした一軒家に住んでいて、好きにしていてもご近所に迷惑をかけない環境ならいざ知らず、
狭い日本の住宅ではご近所トラブルに気をつけるのが、ワンちゃんニャンちゃんとストレスなく暮らせるコツ。
引っ越し挨拶のときや、クレームを受けてしまったときのお詫びなどには、小さなギフトをお持ちするのもオススメですよ。

オクリモではメッセージ付きのギフトをご用意しているので、そんなときに気軽にご活用いただけます。
「気持ちです」のメッセージつきギフトはこちらから探せます。

細やかな気配りをして、可愛いペットと楽しく暮らしましょう?

(オクリモ編集部 成田)

ダイアリ―一覧に戻る

���b�Z�[�W