閉じる

2018/1/25

鮮やかなテキスタイルのキッチンタオル

寒い日が続いていますね。お天気予報からは強い寒気が流れ込む、大雪に警戒、昼間も気温が上がらないので寒さ対策をなど万全になど、寒さが苦手な私は寒いと聞く度に気分が下がってしまいます。通勤時も路面凍結など、ケガをしないよう注意深く歩く必要があったり、体調を崩しがちだったりと寒さで冬への苦手意識がどんどん高まっているので、早く春にならないかなと思っています。
今日は、オクリモから気分が華やかになるキッチンタオルをご紹介します!

こちらはコットンとリネンのさわやかな肌触りのキッチンタオルとなっており、キッチンで活躍します。日本で使われる通常のキッチンタオルより大判サイズですので、手拭きとして、お皿を拭いたり、前掛けとして使うだけでなく、小さなカーテンとしてや、炊飯器やレンジの目隠しにも利用できます。テーブルクロスとして利用したり、ピクニックの際にはおにぎりやお弁当も包んで出かけることもできます。薄手ならではの軽量感を味わってください。シリーズ、色がたくさんありますが、どの柄も北欧レトロで時代を経て世界中で愛されてきたデザインたちです。

ピックアップしてご紹介すると、フランス語で「美しい友人」の意味を持つ「ベラミ」。スウェーデンを代表する老舗陶磁器メーカーローシュトランドの専属デザイナーとして活躍し、数多くの作品を残したMarianne Westman(マリアンヌ・ウエストマン)によるテキスタイルです。スウェーデンの春に咲くサクラをモチーフにデザインされており、オレンジとブルーの2色展開となっています。どちらもキッチンで映える素敵な色となっています。

キッチンタオル「ベラミ」(オレンジ)

次にご紹介するデザインはAstrid Sampe(アストリッド・サンペ)による「ハーブ」です。1909年生まれのサンペはテキスタイルデザインにデザイナーの『サイン』を残すということを始め、ストックホルムの老舗百貨店『NK』のテキスタイル部門のチーフとして36年間活躍したテキスタイルデザイン界の伝説的な存在です。北欧らしいポットがずらりと並び、様々なハーブが描かれています。ハーブそれぞれにはきちんと名前が書き込まれていて、とても繊細なテキスタイルです。先にご紹介した通り、キッチンで万能に役立ちますが、フレームに入れてアートとしてもキッチンだけでなく楽しんでもらいたい商品です。

キッチンタオル「ハーブ」(レッドxイエロー)

キッチンタオルはこちら

デザインも実用性もばっちりのキッチンタオルは、「お疲れさま」のひとことを添えて奥様や、お友達にプレゼントするのもおすすめです。

(オクリモ編集部 小倉)

ダイアリ―一覧に戻る

���b�Z�[�W