閉じる

2017 Happy New Year 新年特集

一年の始まりに、気持ちも晴れやかなアイテムを!

お正月は新しい年を迎え、気持ちもキリッと引き締まる月。
お祝いの席やご挨拶の機会が増え、最も華やかで日本らしさを感じられる時期ですよね。
おせち料理やお年賀の挨拶も、時代とともに様々な形に広がり、
全てはできなくても縁起物として一部取り入れるという人が増えてきています。
そんな人へ、今回はお正月気分を味わうのにぴったりなアイテムをご紹介します。
お家で自分使いするものから、ご挨拶周りに気の利く一品まで。
一年の始まりに、晴れやかな贈り物からスタートしてみませんか?

正月料理の意味

海老の姿から「腰が曲がるまで長生きしますように」と長寿を祈る縁起物です。
色合いも赤で晴れやかなことから、正月料理の代表でもあります。

黒豆は「一年まめ(まじめ=健康)に暮らせますように」と無病息災を祈る縁起物です。
美しい艶と魔除けの黒で、正月料理の影の立役者です。

昆布は「よろこぶ」や「子生(こぶ)」とかけて子孫繁栄を祈る縁起物です。
昆布巻きは巻物=学問成就という意味もあります。

江戸時代、伊達というのは派手でかっこいいという意味で使われた言葉です。
かっこよく洒落た巻物、つまり文化の発展を祈る縁起物です。

紅と白のなますは水引きを表していて、平和を願う縁起物です。
さっぱりしていて消化も良い大根は、年初の体をリセットしてくれます。

日本的な美しい盛り付け

日本の美意識は、何と言っても控えめな侘び寂びが魅力。
盛り付けも、大皿に豪快に、ではなく小鉢に少しずつ盛るととても品よくきれいです。
保存容器に作り置きしておき、食べる分だけ毎回盛れば、飽きずに美味しく食べられますよ。

お世話になっている方へご挨拶を

日頃お世話になっている方へ、感謝の気持ちと今後も変わらないお付き合いを願ってお年賀を贈りましょう。
年賀状を出す人も減っている昨今だからこそ、「お年賀」「今年もよろしくね」などのひとことと共に、
気を遣わせないプレゼントを手渡しすると、一年の人間関係も円滑になること間違いなし!

お年賀には新しいふきんを

営業職やお店関係のお仕事をしている人は、お年賀にタオルやふきんを贈る習慣をご存じの方も多いと思います。
その由来は江戸時代の歌舞伎役者が、御贔屓(ごひいき)のお客様に手ぬぐいを配ったことが始まりでした。

Solwang ディッシュクロスは、そんなお年賀にぴったりのふきん。 門松を思わせる深々とした緑のパッケージからのぞくかわいらしいふきんの色は、相手の好みに合わせて迷ってしまうぐらい選べる18色。
どこかなつかしい雰囲気を持ちながら、吸水性の良い厚手のコットンニットはお皿やコップを拭く布巾や、台拭き、時には手軽な鍋つかみとして、キッチンで活躍してくれます。
こんなおしゃれなお年賀なら、堅苦しくならず、それでいて気が利いていて好印象ですよ。

干支にちなんだアイテムも◎

2017年は酉年。にわとりは朝一番に鳴くため縁起が良く、
「とりこむ・とりいれる」などともかけて商売繁盛の意味も持ちます。
オクリモでも大人気のトリさんの豆皿は、
アクセサリーなどを置くのにもちょうど良く、
ちょっと抜けた愛らしい表情がたまらない一品です。

2017年が皆様にとって良い年になりますように!今年もオクリモをよろしくお願いします。