閉じる

沖縄糸満の海水塩 瓶入り

メッセージ:愛してます

古くから伝わる沖縄独自の塩の製法で、ニガリ(マグネシウム、カリウム、カルシウムなど)を含んだ、毎日の食卓に嬉しい海水塩ができました。
沖縄本島の最南端に位置する糸満の海水です。
「沖縄糸満の海水塩」は、古くからの製法にこだわっています。
海岸から約2,000m先の海水を汲み上げ、その海水を平釜に入れ、ゆっくりと煮詰め、時間をかけて抽出します。
一度に火にかけて、短時間で作るのではなく、海水の濃度を数段階に分けて濃くしていき、最終的に塩の結晶にします。
時間をかけることで、ニガリを含んだ沖縄の海水塩ができあがります。

塩の味を堪能していただくには、お刺身や天ぷらなど、シンプルな料理に使うのがオススメ!
素材の味を引き立て、塩の味を楽しむことが出来ます。

Q. 沖縄ではいつ頃から塩を作っているんですか?
A. 沖縄はご存知の通り、四方を海に囲まれている島です。
その海の水を原材料として、琉球王国の時代から、沖縄独自の塩の製法で作られてきました。

Q. 沖縄独自の塩の製法ってどんなものですか?
A. 海水を汲み上げてきて、火にかけ、結晶化させ、塩を作ります。
「沖縄糸満の海水塩」は、古くからの製法にこだわっています。
沖縄の海水を平釜に入れ、ゆっくりと煮詰め、時間をかけて抽出します。
一度に火にかけて、短時間で作るのではなく、海水の濃度を数段階に分けて濃くしていき、最終的に塩の結晶にします。
時間をかけることで、ニガリを含んだ沖縄の海水塩ができあがります。

Q. 沖縄のどこの海水なのですか?
A. 沖縄本島の最南端に位置する糸満の海水です。
海岸から約2,000m先の海水を汲み上げています。

Q. 海水塩と岩塩の違いはなんですか?
A. 岩塩は海水塩と比べると、ほとんどニガリが含まれておらず溶けにくいのが特徴です。
ニガリが程よく残っている海水塩は、素材の旨味やコクを引き出し、味わいをまろやかにしてくれる特徴がありますので、毎日の生活で使用する塩にお薦めです。

Q. どんな料理に向いていますか?
A. 塩の味を堪能していただきたいので、お刺身や天ぷらなど、シンプルな料理に使っていただきたいです。
素材の味を引き立て、塩の味を楽しんでいただけると思います。
また、料理自体に塩を入れる時は、調理の過程ではできるだけ少なめに塩を使っていただき、食べる際に、お好みで塩を加えていただけると、塩の味を感じてもらえ、より一層美味しい料理になると思います。
商品番号 GIFT0000406
メッセージ 愛してます▼ その他のメッセージを見る
重さ 147g
内容量 50g
生産国 日本製

※包装形状は変更になる場合がありますので、ご了承下さい。

983円 (税込)

※結婚式の引出物や法人様の一括購入など大量注文は、下記お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

お問い合わせフォームへ

���b�Z�[�W